HOME>記事一覧>他の人に迷惑をかけたくない心境から起きた葬式の形

一般葬が少なくなった理由

葬儀

高齢者社会と言う現象から葬儀の形も大きく変わって来ています。埼玉県内でも一般葬と言われる多くの人たちに見送られる葬儀が少なくなり、家族や身内だけで行う小さな葬儀が広く行われるようになりました。一般葬では費用が高くなってしまうと言われた時もありましたが、実際には亡くなられた方が前もって家族葬で行うようにと言葉を残す人が多くなっているのも現実です。家族に余計な迷惑をかけたくないと言う心境もあると考えられます。

知らせるべき人への対応

埼玉県内でも家族葬が広く行われるようになりましたが、家族葬に定義があるわけでありません。そのため家族内で判断して行う葬儀になりますが、時には礼を失することが起きてしまうので注意が必要です。まず、どこまでの人に連絡を入れることにするのか、悩むことになるはずです。親戚の人でも、この人は知らせるけれど、あの人には知らせないなどをした時、後々にクレームなどが起きてしまう可能性も出て来てしまいます。また家族以外で、葬儀には参列したと考えている人もいないとは限りません。友人・知人など知らせるべき人には、キチンと連絡だけを入れておくことも大事なことになります。周囲への配慮を忘れてはいけないと言うことで、自分勝手な判断には注意しましょう。

広告募集中